子供の脱毛には注意しよう!【脱毛】【除毛】【抑毛】の違いとは?

子供が脱毛をするときには、注意しないといけないポイントがいろいろとあります。子供のムダ毛対策をはじめ、子供のスキンケアの常識は、今と昔ではかなり違っています。

 

昔は、日焼けするほど外で健康的に遊びなさいと言われていました。ですが、今や紫外線対策もせずに、外で子供を遊ばせることは、おすすめできない世の中になってきましたね。

 

子供や女性はもちろん、大人の男性でも、日焼けしないように紫外線対策をするほどです。それは、子供のムダ毛対策についても同じです。何も知らずに子供が脱毛をしてしまうと、逆に毛が濃くなってしまったり、お肌が荒れてしまう原因になります。

 

子供が脱毛をする前に、最低限の知識くらいはもっておきましょう。ここでは、ムダ毛対策で代表的な【脱毛】【除毛】【抑毛】の3つの違いについてご紹介します。

 

【脱毛】【除毛】【抑毛】の違い

 

ムダ毛対策で代表的な方法として、【脱毛】【除毛】【抑毛】の3つの方法があります。この3つのムダ毛対策の方法の違いを知っておかないと、いざムダ毛対策の商品を買っても、効果がない!逆に毛が濃くなった!などの悩みが増えてしまいます。

 

では、【脱毛】【除毛】【抑毛】の違いとはなんでしょうか?

 

脱毛とは

子供の脱毛には注意しよう!【脱毛】【除毛】【抑毛】の違いとは?

 

脱毛とは、皮膚に生えているムダ毛を毛根から根こそぎ抜いてしまうことです。毛根からムダ毛を抜いてしまうので、見た目にも即効性があり、すぐにムダ毛対策の効果を感じやすいです。

 

毛抜きや脱毛クリーム、脱毛ワックスや家庭用の脱毛器などで、脱毛することができます。脱毛エステやサロン、クリニックで行う脱毛では、毛根を破壊してしまい、半永久的に脱毛効果が得られる施術もあります。

 

次のムダ毛が生えてくるまでは、見た目にも持続性や即効性があり、すぐに効果を感じやすいのですが、ムダ毛を抜くときに痛みがあります。部位によっては危険が伴います。

 

また、毛根が刺激を受けることによって、次に生えてくるムダ毛が濃くなったり、硬くなったりする硬毛化の原因や、目立たなかった産毛が濃くなり目立ってしまう、多毛化の原因にもなったりします。

 

ムダ毛が太くなると、肌の下にあるムダ毛も透けて黒い点のように見えるので、見栄えも余計気になってしまうこともあります。

 

除毛とは

子供の脱毛には注意しよう!【脱毛】【除毛】【抑毛】の違いとは?

 

除毛とは、皮膚の表面に出ているムダ毛を取り除くことです。見えている部分のムダ毛を取り除くので、見た目にも即効性を感じられます。ただ、毛根は残っているので、脱毛と比べると持続性はなく、毛が伸びてくると、またムダ毛が気になります。

 

カミソリやシェーバー、除毛クリームなどで、比較的手軽に除毛することができますが、お肌を傷つけたり、肌荒れしたり、お肌のトラブルの原因になりやすいです。またカミソリで処理したムダ毛は、毛が伸びてきたときにチクチクすることがあります。

 

抑毛とは

子供の脱毛には注意しよう!【脱毛】【除毛】【抑毛】の違いとは?

 

抑毛とは、毛の成長や発毛を遅らせ、細く目立たなくすることです。抑毛ローションなどを使ってムダ毛をだんだんと目立たなくしていくので、即効性はありません。

 

濃くて太いムダ毛には効果を感じにくいですが、産毛に対しては効果を感じやすく、痛みや肌トラブルの心配も少ないので、子供や敏感肌の人、産毛や顔周りのムダ毛対策に抑毛は向いています。

 

子供のムダ毛処理には抑毛ローションがおすすめ

 

子供の脱毛は、よほどムダ毛が太くて濃くない限り、抑毛ローションを使った抑毛処理がおすすめです。脱毛や除毛だと、子供の肌を傷つけたり、肌トラブルの原因になったりする心配がつきまといます。

 

子供の肌は意外にも保湿力が弱いです。それは大人と比べて、バリア機能の役目を果たす皮脂を分泌する機能が未熟なためです。ですから、脱毛や除毛でムダ毛を処理すると、刺激や乾燥に弱い子供のお肌にトラブルを招きやすくなります。

 

例えば、除毛クリームなどで使われている成分で、チオグリコール酸カルシウムという除毛成分があります。この成分は毛髪を軟化して除去する効果があります。

 

除毛には効果的なのですが、化学的に毛髪や皮膚に作用するので、子供のお肌の状態によっては、炎症を起こすことがあります。

 

子供のお肌のことや将来のことを考えると、よほど毛が太くて濃いムダ毛で悩んでいない限り、脱毛や除毛でムダ毛処理をするより、抑毛ローションなどで、スキンケアしながらムダ毛を抑毛していくことをおすすめします。

 

子供のお肌に安心して使える自然由来の除毛成分

 

子供のムダ毛処理は、抑毛ローションを使っていくのがおすすめです。抑毛ローションに即効性はありませんが、まだ子供のムダ毛が産毛であれば、抑毛ローションで十分効果を期待できます。

 

子供は成長ホルモンが活発で代謝も良いので、抑毛ローションでも大人より効果が現れやすいこともあります。また、抑毛ローションの中にも自然由来の除毛成分が使われた抑毛ローションもあります。

 

たとえば、パイナップル豆乳ローションのような抑毛ローションに含まれているパイナップルエキスは、タンパク質を分解する働きがあります。ムダ毛など毛髪の主成分はタンパク質ですので、ムダ毛への効果はある程度期待できそうです。

 

また、パイナップルエキスは角質も柔らかくするので、お肌が柔らかくなる美容効果も期待できます。またパパイヤに含まれているパパイン酵素も、タンパク質を分解する酵素で、皮膚の老化物も取り除いてくれる働きもあります。

 

パイナップル豆乳ローションのような抑毛を目的とした抑毛ローションには、抑毛や除毛成分だけでなく、お肌のコンディションを整えてくれる成分が入った抑毛ローションが多いです。

 

子供のお肌に抑毛や除毛成分がお肌に浸透しやすくなるので、ムダ毛に効果を発揮しやすくなることはもちろん、結果的に子供のお肌がモチモチしたり、つるつるスベスベになり、肌荒れなどの肌トラブルは起こしにくくなります。

 

子供のムダ毛は、まだ太く濃くなかったり、産毛であったりすることが多いので、子供のお肌にリスクがありそうな脱毛・抑毛処理ではなく、まずは抑毛から試してみることをおすすめします。

 

⇒あこがれのツルスベ素肌へ!親子で使える抑毛ローション

TOPへ